Quizoo クイズ・検定

認定のクイズ・検定情報処理安全確保支援士試験
情報処理安全確保支援士試験の過去問を出題します。皆様、是非挑戦してみて下さい。
難易度 初級
合格点 3問正解/5問中  上級:9問正解/10問中
制限時間 5分以内
クイズ登録数 全5問 
受験者数 62人
合格者数 56人
合格率 90.32%
作成者 nzhbta
理科 [理科] [試験・過去問題]
 情報処理安全確保支援士試験を受験!  戻る
登録タグ  情報セキュリティスペシャリスト情報処理技術者 問題を作成する  指摘・違反報告
 情報処理安全確保支援士試験 のランキング [ ベスト10位 ]
順位 ユーザー名 回答(問) 正解(問) 経過タイム 合否 コメント
[全てのランキング順位]  [コメント表示]
予習・復習/一問一答クイズ
出題文をクリックすると答え合わせのページが表示されます。
Q.共通フレームによれば、システム要件の評価タスクにおいて見極めることはどれか。
選択肢:ソフトウェア品目が割り当てられたシステム要件を満たすかどうか。、システム要件とシステム方式との間に一貫性があるかどうか。、システム要件を満たすシステム方式設計が実現可能かどうか。、システム要件とシステム方式との関連が追跡できるかどうか。
Q.情報システムの設計のうち、フェールソフトの例はどれか。
選択肢:制御プログラムの障害時に、システムの暴走を避け、安全に停止できるようにする。、UPSを設置することによって、停電時に手順通りにシステムを停止できるようにし、データを保存する。、利用者の誤操作や誤入力を未然に防ぐことによって、システムの誤動作を防止できるようにする。、ハードウェアの障害時に、パフォーマンスは低下するが、構成を縮小して運転を続けられるようにする。
Q.共通鍵暗号の鍵を見つけ出す、ブルートフォース攻撃に該当するものはどれか。
選択肢:1組の平文と暗号文が与えられたとき、全ての鍵候補を一つずつ試して鍵を見つけ出す。、平文と暗号文と鍵の関係を代数式に表して数学的に鍵を見つけ出す。、平文の一部分の情報と暗号文の一部分の情報との間の統計的相関を手掛かりに鍵を見つけ出す。、平文を一定量変化させたときの暗号文の変化から鍵を見つけ出す。
Q.共通フレーム2007に従いシステム開発の要件定義の段階で実施することとして、適切なものはどれか。
選択肢:組織に必要なセキュリティ機能を含むシステム化計画を立案する。、第三者によるシステムのセキュリティ監査を脆弱性評価ツールを用いて定期的に実施する。、システムに必要なセキュリティ機能及びその機能が対策として達成すべき内容を決定する。、システムに必要なセキュリティ機能に関連するチェックリストを用いてソースコードをレビューする。
Q.パケットフィルタリング型ファイアウォールのフィルタリングルールを用いて、本来必要なサービスに影響を及ぼすことなく防げるものはどれか。
選択肢:サーバで動作するソフトウェアのセキュリティの脆弱性を突く攻撃、電子メールに添付されたファイルのマクロウィルスの侵入、電子メール爆弾などのDoS攻撃、外部に公開していないサービスへのアクセス
このクイズ・検定をリンクする場合は、以下のタグをコピー・加工してお使いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加