Quizoo クイズ・検定

認定のクイズ・検定クラシック音楽検定(マニア向け)Vol.6
クラシック音楽ファン向けの「知ってて役立つ。知らなくても大丈夫」な問題です。全問正解された方は、かなりの強者。※マニア向けVol.6
難易度 難問
合格点 3問正解/5問中  上級:9問正解/10問中
制限時間 5分以内
クイズ登録数 全20問 
受験者数 780人
合格者数 257人
合格率 32.95%
作成者 ぼくはくま
音楽 [音楽] [クラシック]
 上級に挑戦! クラシック音楽検定(マニア向け)Vol.6を受験!  戻る
登録タグ  クラシック音楽作曲家 問題を作成する  指摘・違反報告
関連するクイズ・検定

その他のクイズ・検定
 クラシック音楽検定(マニア向け)Vol.6 のランキング [ ベスト10位 ]
順位 ユーザー名 回答(問) 正解(問) 経過タイム 合否 コメント
1 位 たき 5 3 00:02:46
2 位 ???? 5 1 00:00:56
[全てのランキング順位]  [コメント表示]
予習・復習/一問一答クイズ
出題文をクリックすると答え合わせのページが表示されます。
Q.音楽の「関連」について着目してみましょう。 学校音楽の鑑賞教材としても用いられる《協奏曲集「四季」》。 この曲は、次のどの曲に属しているでしょうか。
選択肢:12曲の協奏曲集 和声と創意への試み Op.8、12曲の合奏協奏曲集 調和の霊感 OP.3、《協奏曲集「四季」》だけで単独の曲集である。、12曲のヴァイオリン協奏曲集 ラ・ストラヴァガンツァ OP.4
Q.同じくヴィヴァルディの《協奏曲集「四季」》から 第1曲「春」の第2楽章を考察してみましょう。 ここでは、ある試みがなされています。 それは、どれでしょうか。
選択肢:独奏ヴァイオリンがずっと休み、合奏群の第1ヴァイオリンがずっと休み、合奏群のヴィオラがずっと休み、合奏群の通奏低音(チェロとチェンバロ)がずっと休み
Q.次は、楽譜を読んで曲名を当ててみてください。 同じくヴィヴァルディの《協奏曲集「四季」》からです。 付図の楽譜は、独奏ヴァイオリンの旋律です。 曲目は、次のどれでしょうか。
選択肢:協奏曲第2番「夏」の第2楽章の先頭、協奏曲第1番「春」の第3楽章の先頭、協奏曲第4番「冬」の第2楽章の先頭、協奏曲第3番「秋」の第1楽章の先頭
Q.J.S.バッハは協奏曲の技法をヴィヴァルディの作品から 編曲することで学び取っています。 さて、J.S.バッハの 《4台のチェンバロのための協奏曲 イ短調」BWV.1065》は、 ヴィヴァルディのどの曲から編曲されたものでしょうか。
選択肢:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 RV.565、2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV.522、ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 RV.265、4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 RV.580
Q.ヴァイオリンの最低音の第4弦「G線」だけで演奏される 名曲《G線上のアリア》は、次のどれに属するでしょうか?
選択肢:管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066、《G線上のアリア》は、もともと単独曲である。、管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068、管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
Q.J.S.バッハにも学校音楽の鑑賞教材としても用いられる 《小フーガ ト短調》があります。 この曲は、次のどの曲に属しているでしょうか。
選択肢:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 BWV.846〜BWV.869、ゴルトベルク変奏曲 BWV988、トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565、《小フーガ ト短調》は、もともと単独曲である。
このクイズ・検定をリンクする場合は、以下のタグをコピー・加工してお使いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加