Quizoo クイズ・検定

認定のクイズ・検定百人一首クイズ(歌番号→和歌)
百人一首の歌番号から和歌を選ぶ問題です。
難易度 初級
合格点 3問正解/5問中  上級:9問正解/10問中
制限時間 5分以内
クイズ登録数 全12問 
受験者数 88人
合格者数 78人
合格率 88.64%
作成者 reo
国語 [国語] [文学・作品]
 上級に挑戦! 百人一首クイズ(歌番号→和歌)を受験!  戻る
登録タグ  古語百人一首 問題を作成する  指摘・違反報告
 百人一首クイズ(歌番号→和歌) のランキング [ ベスト10位 ]
順位 ユーザー名 回答(問) 正解(問) 経過タイム 合否 コメント
1 位 えぞももんが 10 10 00:00:53合格
[全てのランキング順位]  [コメント表示]
予習・復習/一問一答クイズ
出題文をクリックすると答え合わせのページが表示されます。
Q.1
選択肢:田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ 、あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む 、天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも 、秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
Q.2
選択肢:奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき 、春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山、花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに 、鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける
Q.3
選択肢:秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 、これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関 、陸奥のしのぶもぢずりたれゆえに 乱れそめにしわれならなくに 、あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む
Q.4
選択肢:わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり 、春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山、鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける 、田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ
Q.5
選択肢:花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに 、田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ 、 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき 、天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ
Q.6
選択肢:わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり 、あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む 、鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける 、わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船
Q.7
選択肢: 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき 、秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 、これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関 、天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも
Q.8
選択肢:天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ 、田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ 、わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり 、花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
Q.9
選択肢:わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり 、天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ 、春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 、花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
Q.10
選択肢:奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき 、秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 、これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関 、花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
このクイズ・検定をリンクする場合は、以下のタグをコピー・加工してお使いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加