Quizoo クイズ・検定

一般のクイズ・検定保健体育 ノーベル生理学・医学賞1976から1980年問題
ノーベル賞受賞者を選択。選択肢の数字は選択肢の人の受賞年です。
難易度 初心者・入門
合格点 3問正解/5問中  上級:8問正解/10問中
制限時間 5分以内
クイズ登録数 全13問 
受験者数 190人
合格者数 189人
合格率 99.47%合格率
作成者 ぱぬ (ID:20659)
保健体育 [保健体育] [医学・健康・ヘルス]
 上級に挑戦! ノーベル生理学・医学賞1976から1980年問題を受験!  戻る
問題作成 問題を作成する  指摘・違反報告
登録タグ登録タグ
関連するクイズ・検定関連するクイズ・検定
その他のクイズ・検定その他のクイズ・検定
クイズ・検定一覧
一問一答クイズ一覧
○×マルバツクイズ一覧
トップページへ
投票・ランキング一覧
その他のクイズ・検定 予習・復習/一問一答クイズ
出題文をクリックすると答え合わせのページが表示されます。
 オーストラリアの原住民の血清中に表面抗原を発見し、抗原がB型肝炎の原因となるウイルスの成分であることを発見
選択肢:①1977・ロジェ・ギルマン/アメリカ(フランス生まれ)、②1976・バルーク・サミュエル・ブランバーグ/アメリカ、③1976・ダニエル・カールトン・ガジュセック/アメリカ、④1977・アンドリュー・シャリー/アメリカ(ポーランド生まれ)
 パプアニューギニアの風土病であるクールー病の原因を特定し根絶に寄与した。(死者の脳を食べる儀式が原因)
選択肢:①1976・ダニエル・カールトン・ガジュセック/アメリカ、②1977・ロサリン・ヤロー/アメリカ、③1980・ジョージ・スネル/アメリカ、④1978・ダニエル・ネーサンズ/アメリカ
 数十万頭の羊を用いて、視床下部ホルモン特に甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンや性腺刺激ホルモン放出ホルモンの抽出の立役者の一人となった
選択肢:①1978・ヴェルナー・アーバー/スイス、②1980・バルフ・ベナセラフ/アメリカ、③1976・ダニエル・カールトン・ガジュセック/アメリカ、④1977・ロジェ・ギルマン/アメリカ(フランス生まれ)
 内分泌と脳機能の研究をし、神経ホルモンのGnRH、FSH、LHのコントロールに成功
選択肢:①1980・バルフ・ベナセラフ/アメリカ、②1978・ハミルトン・スミス/アメリカ、③1977・アンドリュー・シャリー/アメリカ(ポーランド生まれ)、④1976・バルーク・サミュエル・ブランバーグ/アメリカ
 血液中の極少量の物質を検出できる、放射性同位体追跡の技術を開発。(ペプチドホルモンのラジオイムノアッセイ法の開発)
選択肢:①1978・ダニエル・ネーサンズ/アメリカ、②1977・ロサリン・ヤロー/アメリカ、③1980・ジャン・ドーセ/フランス、④1979・アラン・コーマック/アメリカ(南アフリカ生まれ)
 ある種の大腸菌にはマクロファージのDNAを分解する拡散分解酵素が含有されていることを発見して、これに制限酵素と名付けた。大腸菌のDNAは自分の制限酵素による分解を避けるため、他の酵素で修飾されていると考えた
選択肢:①1979・ゴッドフリー・ハウンズフィールド/イギリス、②1980・バルフ・ベナセラフ/アメリカ、③1977・ロジェ・ギルマン/アメリカ(フランス生まれ)、④1978・ヴェルナー・アーバー/スイス
 インフルエンザ菌を用いてアーバーとは別の制限酵素を発見する。この酵素は二型と言われるもので異種のDNAに置いて特異的な2本鎖を切断するDNA分解酵素だった。
選択肢:①1976・バルーク・サミュエル・ブランバーグ/アメリカ、②1977・アンドリュー・シャリー/アメリカ(ポーランド生まれ)、③1978・ハミルトン・スミス/アメリカ、④1980・バルフ・ベナセラフ/アメリカ
このクイズ・検定をリンクする場合は、以下のタグをコピー・加工してお使いください。
ランキング ノーベル生理学・医学賞1976から1980年問題 のランキング ※合格者のみ [ ベスト5位 ] ※合格者のみ
順位 ユーザー名 回答(問) 正解(問) 経過タイム 合否 コメント
1 位 T.M. 10 10 00:00:18合格
2 位 ぱぬ 10 10 00:02:06合格
[全てのランキング順位]  [コメント表示]